陸屋根の防水工事では材料を選ぶ【雨漏り修理の効果】

ニーズに応じた防水工事

陸屋根の防水工事を行なう場合は、いくつかの防水材料の中から最適なものを選ぶことができます。特徴や耐久性が異なりますので、業者に相談することが大事です。どういった点を重視するのかということも大切なので、いくつか違いを見ていきましょう。工事を検討している場合は、参考にしてみてください。

費用を安く抑えられますか?
アスファルト防水は、防水性能が高い材料で費用は比較的安くなっています。しかし、見た目が悪く匂いも出てしまうため、人が通る場所には適していません。陸屋根に出入りすることのできない住宅は、アスファルト防水にすると費用を抑えられます。耐久年数は約15年と長いので、防水工事スパンを長くできます。
綺麗に仕上げてもらえますか?
仕上がりの綺麗さを求めるのであれば塩ビシートが良いでしょう。
塩ビシートは、防水材料の中でも伸縮性が高い点が特徴です。そのため、施工が簡単にできるので、どんな形状の陸屋根でも防水工事することができるでしょう。アスファルト防水よりも、綺麗に仕上げることが可能です。耐久年数は、アスファルト防水と同じ15年です。
環境に配慮した工法は選べるか?
アスファルト防水や塩ビシートよりも防水性能は落ちますが、施工しやすい材料です。環境に優しく、人が通る場所にも施工することができます。陸屋根に頻繁に出入りをする住宅は、ゴムシートで防水工事をしてもいいでしょう。耐久年数は約10年となっています。
スピーディーに行なってほしい場合は?
ウレタン樹脂は、防水工事の材料の中でも最もポピュラーな材料です。短期間で施工することができるので、雨漏り修理もすぐに完了します。費用の安いことが特徴で、狭い場所に適している材料です。耐久年数は長くありません。
業者

陸屋根の防水工事に使用する材料によって、防水効果や特徴は全く違います。防水性能や耐久年数だけでなく、陸屋根の形状や人の出入りなども考慮して選ぶと良いでしょう。どれを選んで良いのか迷っている方は、雨漏り修理の専門業者に相談してみましょう。

TOPボタン