応急処置をするが雨漏り修理では先決【二次被害を防ぐ】

被害を拡大しない雨漏り対策

天井から雨水が垂れてきたら、雨漏り修理業者に連絡することも大事なことですが、応急処置をすることも必要です。適切な応急処置をすることで二次被害を防げるでしょう。ここでは誰でも簡単にできる雨漏り対策の手順を紹介します。手順に沿った処置を施すことで、被害を最小限に食い止められるのです。

床や畳への被害を防ぐ

すぐにできる応急処置として、雨漏り個所の下にバケツを置く方法があります。床や畳が雨水で濡れてしまうことを防ぐことができます。バケツの下には新聞紙やビニールシートを敷くようにしましょう。雨水がバケツに入る際に、周囲に水しぶきが飛び跳ねることがあります。

新たな雨漏りの防止

雨漏りの原因となっている箇所がわかるときは、陸屋根にブルーシートをかぶせましょう。ひび割れや亀裂から、雨水が浸入してしまうので、ブルーシートをかぶせることにより被害の拡大を防ぐことができます。ブルーシートで応急処置をする場合は、強風で飛ばされないように、土嚢でブルーシートを固定することが必要です。

防水テープで侵入対策

陸屋根の場合は、防水シートで応急処置をすることも有効です。ひび割れや亀裂を簡単に塞ぐことができるし、ホームセンターでも気軽に購入できるアイテムです。原因となっている箇所と周辺を雑巾で綺麗にしてから、空気が入らないように防水シートを貼りましょう。

この手順で、簡易的な雨漏り対策ができます。しかし、これはあくまでも応急処置に過ぎません。一刻も早く雨漏り修理業者へ、修理を依頼しましょう。

雨漏り修理の費用を抑えるには?

陸屋根の防水工事の相場価格は、施工する面積や劣化の状態、希望する防水材料と保証期間などで異なります。正確な価格が知りたい方は、雨漏り修理業者に確認したほうが良いでしょう。そして、風災に対する補償が適用されるので、火災保険に加入している場合は、保険会社に連絡しましょう。また、定期的にルーフドレンの掃除をすることで、雨漏りが発生した場合でも被害を最小限にすることができるでしょう。ルーフドレンは、陸屋根で雨水が最終的にたどり着く排水溝のようなものです。落ち葉などのゴミが溜まりやすいので、掃除をすることできちんと排水ができ雨漏り対策になります。

TOPボタン